国東半島峯道ロングトレイル

国東半島で古くから行われてきた六郷満山峯入行(ろくごうまんざんみねいりぎょう)のコースをベースに、トレッキングやウォーキングの醍醐味を味わうことのできる登山道や遊歩道を追加するなどの工夫を加え、楽しく、そして心地よく歩けるトレイルとして再構成したものです。

豊後高田市の4コース、国東市の6コースの、全10区画約135kmで構成されています。世界農業遺産にも認定されたこの地域には、自然だけでなく、何世紀にも渡る伝統的な農業が形づくった文化や景観、観光や自然条件を受け入れ、適応してきた先人の知恵を見ることができます。

峯入業とは

855年に始まったとされる、仁聞菩薩(にんもんぼさつ)の境地を目指し、天台宗の僧侶が国東半島一体に残る仁聞菩薩ゆかりの地をたどる行事。
その修行道は「峯道」と呼ばれて、現在は十年に一度行われています。近年では2010年に行われ、3月30日から4月4日までの6日間にわたり天台僧約三十名と、連日に渡り一般行者百数十名が参加し、険しい山や谷を約150kmの行程を踏破しました。

コースのいたるところにある有名無名の石造文化財や名もなき野仏は、まさに「み仏の里」と呼ばれるにふさわしいところです。
この日本の原風景の中を歩く道。それは、失われかけた日本人の魂に触れる旅となるでしょう。

国東半島峯道トレイルクラブについて

国東半島に住んでいるハイキングと歴史が好きな仲間が集まって作られたトレイルクラブ。国東半島峯道ロングトレイルは、そんなトレイルクラブのメンバーがコースの選定から整備、維持管理を行っています。国東半島を歩くのが初めての方でも安心して楽しむことができるよう、トレイルクラブのガイドによる案内も行っています。各所の説明や豆知識など、地元ガイドならではの話を聞くことで国東半島の魅力を十分に満喫することができます。

お問い合わせ先

〒873-0223 国東市安岐町大添1099
国東半島峯道トレイルクラブ事務局
info@kunisakihantou-trail.com

HP:http://www.kunisakihantou-trail.com/

Copyright © 豊後高田市観光まちづくり株式会社. All right reserved.