大分県豊後高田市 国東半島千年ロマン

豊後高田 昭和の町 ぶんごたかだ

予約フォーム

  • リンク集
  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • お問合せ

昭和の絵本美術館昭和ロマン蔵

絵本をひらくと絵本の世界へかんたんに入りこんだあのころ。

かぐや姫、桃太郎、金太郎、浦島太郎、笠地蔵・・・。
小さい頃、お母さんのあたたかい膝に寄りかかって読んでもらったお伽ばなし。
黒崎画伯が描く絵本の原画に、遠い日の記憶がよみがえります。

純真なそのよろこびを子どもと共に分ち合える画家を本当の童画家であると考へます。

黒崎義介
黒崎画伯は明治38年長崎県平戸市生まれ。

日本画の優れた技量と、子どもの純粋さをあわせもった人で、新進の日本画家として活躍していた昭和の初め、本格的に童画の世界に入り、日本の童画に一つの時代を築きあげました。
昭和59年に79歳で亡くなりましたが、黒崎画伯の純真無垢な魂は今も童画の中に生きて、子どもたちの心に明るく呼びかけています。
豊後高田「昭和の町」のシンボルマークは黒崎画伯の童画で、そのご縁がご縁を呼んでついに平成17年、「昭和の町」にこの美術館が誕生しました。

駄菓子屋の夢博物館

読み語り人が、黒崎画伯の童話絵本(紙芝居)と童謡絵本を手にとって、かつての昭和の子どもたちはもとより平成の子どもたちにも、童話を読み聞かせ、童謡を歌い聞かせて、昭和の記憶をよびさまします。

昭和の絵本美術館入館料(単館券)
  大人 小中高校生 乳・幼児
個人 210円 150円 無料
団体 160円 110円 無料
駄菓子屋の夢博物館・昭和の夢町三丁目館・昭和の絵本美術館 (3館共通入館券)
  大人 小中高校生 乳・幼児
個人 830円 580円 無料
団体 660円 460円 無料

昭和の絵本美術館

大分県豊後高田市新町1007-の5
TEL:0978-22-2412
会館時間:午前9:00〜午後5:00

−サイト内ページ−

豊後高田市 お土産コーナー

−外部サイト−

国東半島芸術祭

進化するそば処 豊後高田豊後高田そばのHP

宿泊施設「ヴィラフロレスタ」

昭和の町FBページ

ネットショップ「千年ロマン百貨店」

豊後高田の観光検定

ページ上部へ
大分県豊後高田市新町989-1  TEL:0978-23-1860 FAX:0978-23-1870
E-mail :
info@showanomachi.com

2009 Showanomachi All Rights Reserved.